私が経験した妊娠超初期症状

11.10.19 / 未分類 / Author:

赤ちゃんを望んでいる人たちのブログを読んでいると、様々な妊娠超初期症状に敏感な人たちを見かけます。私も1年半妊活をしてきましたので、気持ちはわかります。

私が妊娠した時、想像妊娠の時とは絶対に違ったと思えた事は、食に関する変化でした。胃が痛いような気がする、気持ちが悪いような気がする、なんて言う事は生理前にも起こります。しかし、ある夜、いきなりケンタッキーフライドチキンが食べたくなったことがありました。夜の10時に、今から本当に行こうかと思うほどチキンが食べたくなり、その日は思いとどまりましたが、それから2日後に行ったマクドナルドのマックチキンがとてもおいしかったです。それは異様なほどでした。

そして、いつもは好きだった夫の香水の匂いがダメになりました。まだ妊娠していると気づいていない時でしたが、夫が香水をつけたときに一瞬で不快な気持ちになり、思わず不快な顔を本人に向けてしまったほどです。それはつわりが終わるまで続きました。

食に関する変化や日本に関する変化は、私は生理前では経験したことがありません。そのため、期待はしないようにしていましたけれども心のどこかで「もしかして妊娠したかもしれない」と思ったことを覚えています。喪服買取ランキング

Comments: 0

« | »